From:本城 武則

「どうすればネイティブ外国人の英語が聞き取れるのか?」これは1500人以上に行った英語の悩みアンケートで圧倒的な1位になった回答です。これまで私は、約10年間で5000人以上の英語ペラペラ人間を育ててきました。一人目の生徒はうちの嫁で、当時はcomeの過去形(came)を"カメ"と読むくらい英語が出来なかったのが、たった3ヶ月の指導で英語がペラペラになるまでになりました。

ちなみに、その後、彼女は渡米して、ある大手飲食チェーン店のサービス・オブ・ジ・イヤーに選ばれるまでになったのです。

しかし、あなたが海外に住んでも住まなくても、英語を話せるようになりたいでしょうし、まずはネイティブ外国人の話している内容を理解したいと思っているのは間違いないと思います。それも短期間に、、、しかもできるだけ楽でカンタンに、、そうではないですか?どうすれば、ネイティブ外国人の英語を楽に聞き取れるようになるのか?私自身の経験から考えても、たった一つ、それを可能にする方法があります。

それがフォニックスです。

日本ではほとんど教えられることがない“フォニックス"を学ぶことで、あなたのリスニング力は飛躍的に向上することができます。それも短期間で、苦しい練習をする必要もなく・・・。もちろん信じられない気持ちはわかります。また、大げさな話だろう・・・という気持ちもわかります。

なので、一つ実例をあげるので聞いてください・・・

あなたは、おそらく"フォニックス"という言葉をあまり聞いたことが無いと思います。実際、日本の中学や高校、さらには英会話スクールでも、私が知る限り"フォニックス"を教えているところはほとんどありません。しかし、冒頭でお伝えしたように、私たちは、アメリカやオーストラリア、ニュージーランドと海外に住むことになり、当然、子どもたちも現地の小学校に通わせることになったのですが、そこでわかったことが、実は、アメリカやオーストラリアなどの、英語圏に住むネイティブの子どもたちも小学校の1年生から"フォニックス"をしっかりと学んでいる、ということなのです。英語圏に生まれた子どもたちですら、フォニックスを学ぶことで、英語の"音"や"スペリング"のルールを知り「読み」「書き」そして「リスニング」が容易に身に付くようになっていくのです。

聞き流すだけで、英語が聞き取れる?

ところが今、巷では「聞き流すだけで・・・」とか「英語の周波数に耳を慣らして・・・」英語が聞き取れるようになる、という話が山ほどあります。しかし、同じ考えでいけば、ロシア語やフランス語も聞き流すだけで聞き取れる、ということになります。しかし、あなたもすぐにわかると思いますが、“知らない"言葉をどれだけ聞き流しても、また音の周波数に耳が慣れたとしても、聞き取ることや、まして話の内容が理解できるようになるなんてことは絶対にないでしょう。

そんな私自身も、実は英語の聞き流し教材などを使ったことはあるんですが、実際に日本人が"認識している音"と"ネイティブ外国人が話している音"は、まったく違うものなので、どれだけ聴き続けたとしても、いつまで経っても聞き取ることができないのです。私の場合は、渡米して、飛行機の免許を取ってくるという目的がありましたので、かなりがんばってリスニングの練習をしたのですが、まるで効果がありませんでした。そして、英語がまったく話せない状態で、無謀にもアメリカに渡ったのです。

3ヶ月で英語がペラペラに、、、

その秘訣は、アメリカで出会ったノルウェー人飛行教官の指導にあったのです。実はその前に、アメリカ人教官が私の担当になったのですが、まったく英語が通じず、「お前は帰れ!」と言われていたのです。しかし、次に来たノルウェー人教官が、運よく私に英語まで指導してくれたのです。そして、その時に徹底的に指導されたのが“フォニックス"だったのです。おかげで、たった3ヶ月で、パイロットになれただけでなく、英語までペラペラになったのです。

そう、たった3ヶ月で、、、です。

そのノルウェー人教官は、とてもユニークな指導をしてくれました。日本人の先生や、英語のネイティブ外国人の先生では、絶対に教えてくれないような、指導法だったのです。・・・渡米前に、あれだけ勉強しても話せなかった英語が、たった3ヶ月のレッスンで話せるようになったのです。このノルウェー人の発音指導によって

海外でも聞き返されることがほとんどなかったです

イメージフォニックスを受けてすぐ、ニュージーランドへ一人旅。 英語圏への旅行は初めてだし、私の英語が通じないことを覚悟していました。ところがなんとっ、私が話す英語をみんなが理解してくれて、聞き返されることがほとんどなかったのです。俄然英語を話すのが楽しくなって、ホームステイ先の隣の家の人や、空港で隣に座っていた人、道ですれ違った人に自分から声をかけました。たくさんの人から「発音がいいね」と褒められ、「私、英語ぺらぺらだー」ととても自信がつきました。

横浜市在住 伏見 衣里さん
(ニックネーム Elly)

以前より単語を
覚えやすくなりました

仕事場で英語を使うのですが、以前より英語が通じやすくなりました。 現場で発音の大切さを知っている日本人は少ないです。 日本人の会話にカタカナ英語が多い中、いい意味で目立つようになりました。いくら難しい表現が出来ても、音がカタカナだと通じません。反対に簡単な表現でも音がいいと会話が進みます。また、英語の本を読む速さが増しました。知らない単語を読むのにひっかかっていたのが、今はスムースに進んでいます。あとで必要となった場合に辞書を引くのですが、以前より単語を覚えやすくなりました。

東京都在住 本田 豊さん
(ニックネーム Bono)

アメリカ人の主人に
驚かれました

第一回目の子音のレッスンを受けた次の朝、アメリカ人の主人に「Good Morning」と挨拶をしたら、あまりの発音の違いにベッドから飛び起きるくらい驚かれました。レッスンを受けてから英語を話すのが楽しくなって、主人との会話もはずみ積極的に話せるようになりました。カラオケでも英語の歌ばかり歌っていてレパートリーが増えました。 英語を話すことにも自信がついてすごく良かったです。

大阪府在住 橋口友美さん
(ニックネーム Trinity)

そう。冒頭でお伝えしたようにノルウェー人から"フォニックス"を学ぶことで、"大げさな話"を、私自身が実際に体験して来たのです。その後、私は、自分の嫁や、九州時代の友人やその友人たちをボランティアで教えていき、今では英会話スクールにまでなって、5000人もの生徒の英語をペラペラにしてきたのです。

なぜ、フォニックスで
英語が聞き取れるようになるのか?

私が、ノルウェー人の教官に英語を教えてもらった当初は、フォニックスがそれほど重要だとは思っていませんでした。しかし、フォニックスを学ぶことで、ネイティブ独特の話し方や、スペリングのルールが理解でき、英語の仕組みが見えるようになってきたのです。ほとんどの英会話教材では、まず"聞き流し"や"周波数"など耳を英語の音に慣らすことが大切であると主張しています。確かに、それも間違いではないのでしょうが、英語のルールや法則を知らない状態でいくら英語を耳から入れたとしても、聞き取れるようになるまでに、とても時間がかかるのです。

これは、レシピを知らない状態でとにかく材料だけを揃えて料理を作ってみるのと同じ事です。なかなか上達はしないでしょうし、上手くいかないので、次第に嫌になってきます。しかし、レシピを見ながら作ることによって、遥かに早いスピードで美味しい料理を作ることができるでしょう。フォニックスもそれと同様で、まずは英語の音のルールや法則をきちんと理解することによって、英会話の上達スピードは一気に加速することができるのです。

とはいえ、アメリカやオーストラリアに住んでいるネイティブの子どもたちが受けるような"フォニックス"の授業を30才を超えた私たち大人が受けても、身に付けることはできません。なぜなら、フォニックスで指導される音の違いは大人の耳では聞きわけたり、再現することができないからです。そして、それこそが、中学生以降から始まるこれまでの日本の英語教育で、"フォニックス"が取り入れられなかった理由でもあるのです。

しかし、そのフォニックスを、ノルウェー人の指導と私自身が日本人向けに改良し、30才を過ぎた大人でも短期間で身に付けることができるようにしたレッスンが、この

「イメージフォニックス」

のレッスンなのです。大人になってからも発達し続ける人間のイメージ力を使って学ぶこの"イメージフォニックス"をレッスンに取り入れることによって、これまでは、12才を超えると習得が不可能と言われていたフォニックスを何才になっても身に付けることができるようになったのです。このレッスンでは、30才を超えた大人でも簡単に、しかも楽しく身に付く"フォニックス"を学ぶことができます。

イメージフォニックスを学ぶことで
英会話が上達する5つの理由

このレッスンでは、あなたが大人の得意なイメージ力を使いながら、フォニックスを学ぶことで、英語のリスニング力、スピーキング力、そしてリーディング力まで短期間で上達できるようになることを目的としています。そのために、ネイティブ外国人がどのように英語を話しているのか?また、英語という言語にはどのようなルールがあるのか?などをあなたにお伝えします。この「イメージフォニックス」のレッスンでお話する内容は、例えば、、、、

■子音の音を理解できる

日本語は“アイウエオ"の母音が中心です。どんな言葉にも必ず母音がつきます。"か"はka "み"はmi と必ず a i u e o のいずれかがセットになっています。しかし、英語では k m だけはもちろん、brcl などの子音だけのカタマリでも一つの音として認識されているのです。その事実を知らずに、いつまでも音は母音と1セットだと思い込んでいると、いつまで経っても英語は聞き取れませんし、通じる英語を話すことはできません。英語の子音というのは日本語にない音なので、これが1つの音なんだということを頭で理解しておかないと、ネイティブが話をしたときに耳から入ってきても素通りしてしまいます。12才までの小さな子どもは、聴いた音をそのまま吸収してしまうので、時間が経てば自然に聴き取れるようになりますが、日本語にどっぷり浸かった大人は論理的に理解しないと身に付けることができないのです。

■英語のルールがわかる

mate, fake, bite, like, note, joke ,,,

これらは、サイレントEを含む単語です。すべて単語の最後にeが来ており、その場合には、最後のeは音にしないというルールがあります。サイレントEには、この他にもルールがあるのですが、そういった英語のルールを学ぶことで、初めて見る単語でも、読めるようになるのです。ルールを知らないと、いつまで経っても上記の単語を、メイ、フェイ、バイ、ライ、などという日本語読みでしか認識できないままなのです。

■ネイティブとの呼吸法の違いわかる

実は、英語のネイティブが話す時の吐く息の量は、日本人よりも全然多いのです。話す前には肺いっぱいに空気をためて、話し終わるときには肺の中の空気を全部出しきってしまうほどです。日本語を話す時と同じような浅い呼吸で英語を話したところで、正しい音を発声できていないために、あなたの英語はネイティブには通じないのです。イメージフォニックスでは、まずこの呼吸法をしっかりと身に付けるので、ネイティブにもしっかりと聞き取れる英語の音を作ることができるようになります。
※ちなみに、相手に息を吹きかけるくらいの量なので、欧米では口臭ケアのグッズが発達したという説もあるくらいです。

■体で覚えることができる

フォニックスは、口の筋肉を始め、舌や肺など体の器官を使います。自分の口で、ネイティブと同じ音を作ることで、ネイティブの発音も聞き取れるようになります。音が口や舌の形のイメージと結び付き、正確に聞き取れるようになるのです。似た音を発音し分けられるようになれば、頭の中にたくさんの英語の音の引き出しができ、正しく分類できるようになります。

■自信がつく

単純に英語の発音がネイティブのようにかっこよくなれば、英語を話すことに自信をつきます。結果、声が大きくなり、ネイティブにもさらに通じやすくなります。英語は言語なので、継続して使い続けないと、時間が経てばまた話せなくなってしまいます。しかし、フォニックスはルールなので、一度覚えれば、二度と忘れることはありません。しかも、イメージを使って脳にしっかりと記憶させるので、一度身に付けた知識は一生あなたのものです。

などなど。

このレッスンでお伝えする内容は、ごちゃごちゃしたむずかしい理論というわけではありません。実際に私が短期間で英語を身に付けた経験に加えて、日本人、しかも既に大人になってしまった人にもわかりやすく理解できるように作ったレッスンです。事実、このレッスンは、私のスクールで教えている内容でも一番人気のあるものです。面白くて、かつ短期間で、発音を身に付け、その他の英会話の能力をも伸ばすことができるようになるのです。

どれほど時間を短縮できるでしょうか?

もちろん、このイメージフォニックスを学ばなかったとしても、あなたが英語を身に付けることは可能でしょう。しかし、考えてみて下さい。これまで中学、高校の6年間。大学に入った人なら10年間。フォニックスを知らずに、つまり英語のスペルや発音のルールを教えてもらうことのないまま、英語の学習を続けてきて、どれだけ英語が聴き取れるようになったでしょうか?また、どれだけ、英語が読めるようになったでしょうか?そして、その状態をあと何年続けていけば、英語を身に付けることができるのでしょうか?

これまでたくさんの時間とお金を注ぎ込んで英語を学んできたあなたなら、少し考えればわかると思います。関連のない単語や文章を覚えることほど、苦痛なことはありません。しかし、ネイティブの発声方法、英語音の作り方、言葉の法則など、学校や英会話スクールでは学べない、教えられなかった英語特有のルールを知ることで、どれだけ英語習得がラクになるでしょうか?どれだけの努力をショートカットできるのでしょうか?ちょっと考えてみてください。

悪いニュース

しかし、残念なニュースがあります。フォニックスのスゴイ点を今まで散々お話してきましたが、残念なことにこのセミナーは東京での開催と、年に1回大阪での開催のみです。しかも、隔週で4回通う必要があります。

良いニュース

良いニュースもあります。このセミナーの内容を元に音声プログラムとして販売することになりました。これであなたはセミナーと同じ内容を音声プログラムで学ぶことができます。この音声プログラムの価格は32,400円(送料・手数料550円)です。さらにこの音声プログラムは、自分自身で何度も聞き直しができるので、繰り返し取組むことで、確実にフォニックスを理解し、英語の発音を身に付けることができます。

最後に、、、

フォニックスを一度身につければ、忘れることはないでしょう。仮に、もしあなたが今、英語を話せたとしても、しばらく英語を使わなければ、英語が口からでなくなってしまうことはよくある話です。しかし、フォニックスは、自転車の運転のように、一度身に付けたら、いつまで経っても覚えていられることができる知識になるのです。私が知るかぎり、短期間で英語が聞き取れるようになる方法は、これ以外にありません。(延々と時間をかけて英語をマスターする方法もあるとは思いますが)もちろん、この音声プログラムを聞いただけで、あなたがすぐにネイティブ外国人の話が聞き取れるようになるとは言いません。しかし、確実にあなたの英会話上達のスピードを速めてくれるでしょう。

そして、考えてみてください。

イメージフォニックスを身につけて3ヶ月で英語のリスニング力が上達すれば、、いや、話半分くらいに考えて、それが6ヶ月だったとしても、、、それでも大きなインパクトがあると思いませんか?あなたのこれまでやってきた英語学習で、これ以上に、英語上達を早める方法はあるでしょうか?

本城武則

お客様の声

音の違いがすごくよくわかるんです

イメージフォニックスを勉強するまでは、「発音なんて悪くても、通じればいいじゃん」なんて思っ てたのですが、授業を受けてみてキレイに発音することの楽しさを知りました。 日本人の講師に理論とコツを教えてもらい、ネイティブにチェックしてもらう方法がとても良かったです! 説明を聞いた後だと、ネイティブと自分の音の違いがすごくよくわかるんです。最後の授業で英文を音読して録音した時、すごくアガってしまい、つっかえてしまったので、「授業開始前に録音したものと大して変わってないかな」と心配していましたが、自分でもわかるくらいに上達していて、我ながら「うまいじゃん」と思いました。

横浜市在住 寺尾まち子さん(ニックネーム Machi)

単語を分解して発音をするのがとても面白かった

英語のひとつの単語を分解して発音をするのがとっても面白かったです。もっと、「知りたい!学びたい!」と英語に対して初めて欲がでてきましたそして、全く英語に自信の無かった私が、英語のアナウンスの仕事を請けてしまうという快挙!!これって、知らず知らずの内に、『英語って怖くない・ネイティブっぽい発音できてるんじゃない?』と思わせてくれる授業だったからだと思います。これから、もっともっと英語の仕事を増やしたいです!!

東京都在住 寺本由美子さん(ニックネーム Yumi)

発音が良くなっていくのが自分でもわかって
嬉しかったです。

すごく楽しいレッスンでした。そして、楽しく学べる上に第一回目のレッスンを受けて練習していくとどんどん発音が良くなっていくのが自分でもわかって嬉しかったです。私は歌を歌う仕事をしているのですが、以前は英語の歌を歌っていても「意味がよくわからない」と言われていたのが、レッスンを受けた後からは「意味がわかる」「聞きやすくなった」など言われるようになったので、発音が上手くなっているんだと実感できました。

兵庫県在住 松尾路津子さん(ニックネーム Ruth)

クラスのみんなも驚きのため息でした。

レッスンの1回目に自分の発音を録音するのですが、自分的には『そんなヒドくないだろう。結構イケてんじゃない?』と思っていたのですが、聞いてみると Japanese English丸出しで、とてもひどかったんです。しかし、4回のレッスン後の最後に録音したものを聞いてみたら、『かなりイケてるじゃん!』だったんですよ。そのギャップに思わず「誰、これ?」と言ってしまいました。クラスのみんなも驚きのため息でした。私はFとVの音が苦手だったのですが、普段から音の出し方にも気をつけるようになり、それも良くなりました。後は無意識にそれが出せるように実践で鍛えていこうと思います。これからは、より伝わる、より楽しいEnglish lifeをenjoyできます!

横浜市在住 鈴木 秀明さん(ニックネーム Hide)

英語の苦手意識も改善されたように感じています。

授業内容が分かりやすく、毎回授業を受けることがとても楽しみでした。イメージフォニックスの授業は、頭が堅くなってしまった私にも分かりやすいように具体的なイメージや発音のルールを教えて頂けたので、スムーズに頭に入ってくるような感じがしました。そして、漠然といだいていた英語の苦手意識も改善されたように感じています。そして、今まで何度も歌ってきた♪HappyBirthday?♪の歌を口ずさんだ時「日本語英語じゃない!発音が変わってる!」と感じ、自分では意識していなくても、受講する前と受けた後では確実に変化があることを感じました。驚きと共にとても嬉しかったです。

横浜市在住 関 美香子さん(ニックネーム Micco)


ダイレクト出版は個人情報保護に取り組む企業を示す「プライバシーマーク」を取得しております。

入力頂いた情報は、プライバシーポリシーのもと、厳重に管理します。私たちも迷惑メールが大嫌いです。

TOPへ戻る