これから心理テストします

s_iStock-476093869

24個の単語が並んだリストがあります。



・愛

・English

・英語

・ate

・オーストラリア

・clear

・剣道

・control

・札幌

・Show

・酢

・soy

・take

・Check

・Get

・Go

・Come

・Turn

・Put

・Bring

・Give

・tell

・have

・End



あなたは、

このリストを見ないで、

紙に何個書き出すことができましたか?





最近すすめられた、

東大の偉い教授の書籍に、

この心理テストが載っていました。





60才以上の人を対象に、

2つのグループに分けます。



①グループには、

「これから心理テストを行います。」



②グループには、

「これから暗記テストを行います。」



その後、別のリストを見せて、

最初にリストの単語を全てあげてくださいと、
いう記憶力の実験です


言葉は違いますが、やっていることはいっしょです。

1.心理テストと説明されたグループ

2.暗記テストと説明されたグループ

3.どちらも差はない



さて、どちらのグループが

多くの単語をあげられたでしょうか?






正解は、、、

↓ ↓ ↓

「心理テストと説明したほうが多く単語を覚えていた」そうです。





一般的に、年配者になるほど、

年をとると記憶力は落ちる

そう考える傾向があるようです。



すると、その思い通りに、

記憶力が低下したそうです。



暗記テストというだけで、

心理テストといわれたグループより

半分も点数が落ちてしまったようです。



なぜ、記憶力は落ちた?

衰えたように感じるのは、

自分に向けて衰えたと暗示しているからのようです。



「忘れっぽい」

「しわ」

「孤独」

などの老いたイメージの単語をみるだけで、

若い人でも、歩く速度が遅くなるそうです。



ビックリ!!!

若くても衰えるなんて!!!




言葉のちからは強烈です。

その偉い先生によると記憶力は年齢では変わらない。

老いた言葉を使ってたり、イメージするだけでも、

記憶力に影響があるらしいです。



つまり、

これと逆のことをやるだけで、

記憶力は下がらないかもしれません。

おまけに、なんだか若返りもするかもしれませんね。



バカバカしいですか?





「思いは実現する」

Noriがいつも言ってますね。



もし、あなたが、

記憶力が落ちたと思っていたら、

普段から、記憶力が下がりそうな言葉を

使っているからかもしれませんね。





-Rocky





p.s.

「最近物忘れが、、、」

など安易に使えませんね(笑)










この記事にコメントする

はたなかりょう

納得でーす。
だから、ファッションにも若々しいスタイルを維持したり、
逆に老後の不安など、今後一切考えないことにしま〜す。

Reply
ひこちゃん

いいことを聞きました。この言葉を参考にこれからも自信を持って何事にも挑戦します!やはり、自分自身が変わらないと何も変わらないのでは?

Reply
Rocky

良かったです。もし、ネガティブな言葉を使っていたら変わる必要があるかもしれませんが、ポジティブだったら変わらなくてOKですね(^^)

Reply
鈴木雅也

 一般に 人が単語を一時記憶する場合 個人差を含めて 7±2語のマジック
ナンバーがあると聴いたことがあります それとは別に 記憶ができにくいの
が年齢もせいではないといわれ 定年組の私にはげみとなりました 感謝

Reply
山好き野郎

面白いメールを頂きありがとうございます。
先生の解説でなるほどなと思いました。

Reply
アバンダンシア

言葉は具現化する。
覚えたことは忘れない。
私は綺麗〜
お金には一生困らない。
裕福で毎日がハッピーです。

Reply
ひかり

何事も、ポジティブにとらえる方が積極的に行動する様に思う。

Reply
みぅ

目からコンタクトいやウロコ。とても思い当たるフシがあります。そうしましょ!

Reply
Rocky

目からコンタクト!外国人とか笑ってくれそうですね(笑)

Reply
たわ

いいお話、ありがとうございました。自己暗示の力ってすごいですね。うまく自己暗示にかけることが大事で、使わない手はないわけですね。

Reply
Rocky

ポジティブに使えば無敵ですけど、ネガティブだと、、、怖いですね(笑)

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
©2017 EQ英会話公式ブログ - ダイレクト出版. All Rights Reserved.
「ダイレクト出版」「Direct Publishing」は、ダイレクト出版株式会社の登録商標です。