スゴ腕、英語教師の英会話力とは?

s_20161113_youtube

凄腕の英語教師が

どれくらい英語が話せるのか?



英語力をチェックさせてください!

そうお笑い芸人が突撃取材している

You Tubeを発見しました。





おもしろかったのですが、

ちょっと残念な結果をシェアしたかったのです。

(下から見ることができます)





結果、スゴ腕英語教師は、

凄腕の英会話スピーカーでは

ありませんでした。



コメント欄には

「出川の方がマシ」など

ボロカス言われています。



でも、

これはこれで良いと思うのです。

そして悪く言いたいわけでもありません。



この塾の先生たちは、

スゴ腕と呼ばれるので、

きっと名門高校や、大学への

進学率には貢献している。

名のある先生のはず。



生徒がテストで良い点とって

大学に合格する。



つまり、目的を達成していると思うのです

話すために英語をやっているわけではない。

英語のテストで点を取らせるプロなのですから。





しかし、僕は1つだけショックでした。



テストの点=英語が話せること



そう思っていたからです。



まともにコミュニケーションも取れない英語を

何年も勉強して役に立つのは受験の時だけってのは

悲しいなと思ったのです。





これをある人に聞いたところ、

「学校ってそんなもんでしょ」

「だれも学校には期待してない」



つまり、

日本の英語の先生が

英語を話せないことは常識だと。



意識の高い人は

普通に知っている事だと言っていました。



「えっ!これ常識なの????」



ちょっとビックリしたのです。



もし、常識なら英語の先生が生徒に

「先生は英語が話せませんが、点は取れます」

「良い大学に行くために勉強しましょう!」

「海外に行きたい人は会話しましょう!」



とか言えば、割り切ってテストに真剣になる気もします。

それと、なんだか好感がもてるなぁと思ったのです。



何よりも、

テストで点がよかった人が

英語を話せない!

こう悩む人が減るのじゃないか?

と思いました。



あなたはどう思いましたか?

この結果は常識でしたか?

それとも、びっくりしましたか?



-Rocky



p.s.

僕の興味本位なんですが、

下のコメント欄から意見もらえませんか?

答えてくれたら嬉しく思います






p.p.s

youtubeはコチラから
↓ ↓ ↓

https://youtu.be/bYWHHKrqzf0




この記事にコメントする

森田 健二

私も一応は九州のトある県の進学校の出ですが、中学・高校と英語ベラベラ話せる先生ってのは、一人か二人くらいだった様な記憶です。学校では、Whichが文章の途中にあるから、関代名詞だからここから訳して・・・云々・・・そんな事ばっかり覚えさせられる授業ばっかりでした。

Reply
浜の小魔神

「テストで点が良かった人が、英語が話せるとは限らない」一つの証明にして頂ければ嬉しいです。
私は所謂団塊jr で、30年近く前、18才人口が最も多い頃に大学受験をしました。ライバルがうじゃうじゃ、一人でも多く蹴落とさないと合格しないとよく言われてました。浪人しましたが、何とか第一志望の私大に入学できました。ちなみに模試では、英語の偏差値が最高で78ありました。そんなでも当時外国人に道を聞かれても全く話せず、呆れ顔で立ち去られたことをよく覚えています。また、浪人時代のS予備校の英語講師が話したことが印象的でしたので。。曰く、「外国人の友人と話していてよく言われるのは、『確かにキミの英語は文法が完璧、美しい話し方と思うけど、ただ一つ、遅すぎてタルい』」だったそうです。
そんなんワケで、いま、とても楽しく勉強させていただいてます!

Reply
敦子

私は70才になります。今でも鮮明に覚えていることがあります。
中学一年の時、私の学校で英会話という言葉もあまり聞かれませんでした。
ある日外交官の父を持つ友達が外人を連れて学校にやってきました。そして職員室に入っていきました。私たちは興味本位に職員室にのぞきに行きますと逃げるように立ち去る英語の先生の後ろ姿がありました。その時から英会話を習得したいと思っています。今英会話のスカイプレッスンを受けて一年半になります。

Reply
Yuca

高校時代にイギリス人の女性の先生が1人配属されてきました。
英語の授業が何種類かありましたが、文法の授業を主に担当する年配の先生がそのイギリス人の先生と全く会話できないのを見て愕然とした記憶があります。

逆に英語の先生ではない美術の先生がイギリス人の先生と楽しそうに会話しているのを見てその日本人の2人の先生の違いは、英語が目的なのか、それとも英語がツールなのか…ということろな気がしました。

また、その後に出会ったある英語教員の方が僕は文法屋さんだから喋れないとは言っていたものの、同席していたイギリス人とちゃんと会話していました。私は英語がそれ程まともには話せませんが聞いていて発音が違っても前後の単語や文章で把握できるものなんだと感じました。
発音が良ければなお良いとは思いますが…ツールなのならば通じればいいのかとも少し思ってしまいます。

そして何より話したいと思って乗り込んで行く気持ちなのか?と思って機会を見つけては会話の練習をさせてもらっています…。
職場に訪れるお客さんや電車内などでたまたま隣にいた外国人の人と話すなど機会があって有難い事だなぁーと思う一方、私に足りないのは明らかに文法を即座に組み立てる能力である…と自覚する日々です。

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
©2018 EQ英会話公式ブログ - ダイレクト出版. All Rights Reserved.
「ダイレクト出版」「Direct Publishing」は、ダイレクト出版株式会社の登録商標です。