えんぴつで英語はペラペラ!?

Fotolia_81646454_Subscription_XXL_convert_20150914122409


会話は口でするもの。

しかし!

実は、英語初心者にとっては、
“えんぴつ”が役立つのです。

えんぴつって一体、何に使うのでしょうか?


====


おそらくほとんどの
外国人と話をするとき、、、

その人は、
初めて会う相手だと思います。

「話しかける」という心の準備ができて、
いざ、声をかけた後に、

挨拶が返ってきたら、、


このとき何も準備していないと、
何を話したらいいか、慌ててしまって、
うまく話せないのです。



では、どうすればいいのか?

というと

事前に話す内容を、あらかじめ紙に書いて
自分の会話パターンだけでも
スラスラ言えるように覚えるのです。


まず日本語で内容を考えて、
それを英語で言うにはどうしたらいいか?
を調べて書き、覚えます。


基本はそれだけ。


もちろん、別の場面でも、
言いたい事を予め用意しておくことで、
だいたい対応ができるようになります。

自分の言いたいことだから、
やっぱり、覚えたい!っていう気持ちが強いですので、
結構、知らない単語もすぐに覚えられたりします。

しかし、よく考えると、
これは日本語でも言えると思います。


なにかしらの発表があったとして、

いきなり自分が指名されてりなんかすると、
緊張して、何も話せない人が
ほとんどじゃないんでしょうか?


もちろん、
発表とか、人の前でなくても、

知らない人から話しかけられて、
スラスラ話せる人は
そうそういないないでしょう?



日本語でも英語でも、ある程度、
こんな事を話そう、と考えているから
うまく話せるわけです。



なので、英語を耳で聴いたり、
声に出すことも大切ですが、


まずは、えんぴつと紙を用意して、
一度は話す内容をゆっくりと書き出してみる

ってことをしてみると、
会話が上手になりますよ!

一度試してみて下さい。


ーAxel



P.S.
英語を話せない日本人が、
いきなり英語で考えて話すことなんてできません。

まずは、日本語で考えるんですよ!
この秘訣をもっと深く知りたい人は、
このブレインダンプセミナー(2日間)がオススメです。
http://www.eqenglish.jp/bootcamp/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
©2018 EQ英会話公式ブログ - ダイレクト出版. All Rights Reserved.
「ダイレクト出版」「Direct Publishing」は、ダイレクト出版株式会社の登録商標です。