[第14回 :EQ英会話 Pod cast]靖国参拝について、、




8月15日は終戦記念日でしたね。

Noriは、毎年希望者を募って、
靖国参拝に行きます(今年は8月9日でした)


なぜ、英語教師が、
毎年靖国参拝に行くのでしょうか?


今日の音声に、
海外で外国人と対等に付き合うための
ヒントが明かされています。

絶対に聞いてほしい音声ですね。


– Axel


この記事にコメントする

龍崎 恭一

Dear Nori.
EQ英会話受講生の横浜の龍崎です(66才)。昨日靖国神社に参拝しました。6時半から8時まで、本城さんをお待ち申し上げましたが、お会いできず大変残念でした。実は私の思い込みで2013年の記事のスケジュールで行動してしまったみたいです。靖国神社には機会を捉え伺っていますが、参拝させていただくとその都度言葉を失い、ただただご冥福をお祈りするのみです。本城さんの真摯でまっすぐなお考えにいつも共鳴しております。来年は、ぜひご一緒させてください。
よろしくお願いいたします。

Reply
池田啓一

素晴らしいお話しをありがとうございます。私もはっきり言って大賛成です。私は本城さんより1才下の池田啓一と言います。英会話を練習したくDVDとメールでやってます。あとニックウィリアムソンさんの本も数年前から活用させてもらってかなりネイティヴな感覚がついたように感じ、目から鱗の話と合わせ感謝しています。私は現在福岡市早良区に住んでいますがもともとは北九州の出身です。学校は進学校で小倉高校を卒業しましたが卒業当時成績は相当悪く、料理の世界へ入ろうと考えましたが、親の協力が得られず断念しました。そこまでの勇気がなかった自分で、単身渡米された本城さんに比べるとかなり恥ずかしいものです。それでも浪人1年間、正確に言うと8か月間は相当がんばりました。本城さんはご存知かと思いますが共通一次試験で前年度から300点近く上げました。それだけ悪かったということです。おかげで今は医師をしておりますが障害者に対する特殊な仕事です。おっとすいません、前置きが長くなりました。そもそも太平洋戦争ではなく大東亜戦争です。この戦争のおかげで東南アジアの国々は独立を果たし、インドやインドネシアなどは日本に感謝しています。私たちの国のために命を捧げた祖先に感謝するのは当然です。反対意見ばかり報道するマスコミにも嫌気がさしますが、私たち賛成派ももっと行動を起こした方が良いのでしょう。本城さんの靖国参拝、来年是非同行させて頂きたいと思います。お忙しいでしょうがもし可能であればどこかでお会いしたいです。ほぼ同じ年齢で同じ福岡県出身、考え方にも共感でき嬉しいです。長々と失礼しました。ではBYE BYE。池田啓一。

Reply
YASUO YOKOI

先生のURL・http://www.eqenglish.jp/blog/2015/08/16/6926が何故かerror続きで未読の
ままのコメントになりますが,いつも思うことですが政治家も知名人なども何故か靖国神社に参拝することをアピールしたがる傾向があります。信仰は自由です,黙って(一人で?)参拝すればよいことです。神仏(聖霊)に対して本当に信仰心があるのなら,その方が心底からの祈りを捧げることになると考えます。 かしわ手/合掌

Reply
dhc803

私も同感です。
靖国神社がどういう神社かを日本人自身がもっと知るべきです。
また、先の大戦の、それこそ歴史認識を深めるべきです。
極東軍事裁判に関してはインドのパール判事の「日本無罪論」を読むべきです。
非常にフェアーな理論展開が語られています。
 

Reply
小野 孝之

残念でした
私はもう68歳です、EQ英会話のブログ等をなにかのきっかけで見ています
今までと違った視点での問題提起を関心しています
本城先生の教室の生徒ではありません、興味はありますが
8月15日7:00に靖国神社に行ってみました
鳥居の下でということでいましたがいいっこうににそれらしき集団が発見できませんでした
一度本城先生の顔を拝見したいという様な興味もあり4:30起きででかけました
30分たちあきらめようと思いメールのプリントを見たら一番奥の鳥居でした
私は2番目のお清め水のある鳥居で待っていました
あわてて奥に進みましたが、もうおられませんでした 残念でした
でも、これがきっかけでいろいろな事を学び、体験しました、遊就館もいきました
①靖国神社そのもの事
②まつられている人々、その背景、本当の日本の歴史
③特に東京裁判とパール判事(日本無罪論)とその生き方
戦争を経験していない団塊の世代のひとりとして、がむしゃらに生きた時代を
終えてタイヤーした今初めて真実、人間としての生き方、対処の仕方を見た様な
気がします
④前日「日本のいちばん長い日」をみました
⑤鈴木貫太郎は現在は野田市出身です、記念館も何度かおとずれました
※とりとめのない話ですが
はじめて靖国神社を週線記念日に訪問する事のきっかけを作ってくださった先生に
感謝です
少しパール判事の事を勉強してみます、何しろ時間は十分ありますから
以上、お礼とともに貴社のますますのご発展をいのり申し上げます
ありがとうございました
千葉県野田市 T.O

Reply
ooishi yoshiko

本城先生の言に賛成します。靖国神社にもっと参拝して 英霊の方々にそのご冥福を祈り 感謝の思いを捧げたいと思います。

Reply
おりさん

本城武則 いい男だねえその通りです。注目しています。67歳男

Reply
松木

あの戦争は、明白な侵略戦争ですよね。ところで、靖国神社は侵略戦争だとは認めず、逆にそれを美化して宣伝している所です。日本は、村山首相が「侵略戦争」だったと認める発言をしたが、現安倍総理は自らは認めない。ドイツと同様に、日本も侵略戦争の誤りを認めているならば、世界に胸を張って行けると私は思います。という理由で、靖国神社が愚かな宣伝を止め、政府が侵略戦争の過ちを明確に認めるまで、私は靖国参拝には反対です。あなたが言うような英霊に敬意を表するために行くんだという単純な理由には、納得できません。

Reply
横井 康夫

さきに送りまた私のコメントが何故か承認待ちとは解釈に苦しみます。再度発信しますが心底無き霊に対し弔いの気持ちがあるならどうか黙って(妙なアピール無しに)心静かにお参り,祈りを捧げて下さい。もしもあの世とか別次元の環境?があるとすれば,本意不本意に関係無く仮の世に送られた人達は嘆き悲しむのでは無いでしょうか? 私を含め現世に生息する者達が及ばず乍ら弔いの
気持ちがあるなら猛反省をすべきと考えますが,私は変な人間ですか?

Reply
横井 康夫

さきに送りまた私のコメントが何故か承認待ちとは解釈に苦しみます。再度発信しますが心底無き霊に対し弔いの気持ちがあるならどうか黙って(妙なアピール無しに)心静かにお参り,祈りを捧げて下さい。もしもあの世とか別次元の環境?があるとすれば,本意不本意に関係無く仮の世に送られた人達は嘆き悲しむのでは無いでしょうか? 私を含め現世に生息する者達が及ばず乍ら弔いの
気持ちがあるなら猛反省をすべきと考えますが,私は変な人間ですか?
申し足らずでしたが,先生のコメント別のPCで拝聴しました。若さあふれるごもっともなご意見
です。しかし,老いぼれの1人として(美しい日本…誰かが言っている)を守るため如何あるべきか
を考えるささやかなHintを残して逝きたい想いの一端として受け止めて頂ければ幸いです。

Reply
Okuno Hisashi

自分が靖国参拝するかしないかは内心の自由であって、参拝していることを公言すべきではないし、ましてやDebateを勧めながら、持論を英会話学習者に公言するべきではありません。そもそもDebateとは自分の意見とは関係なくAffirmativeとNegativeの2チームに分かれて競う試合です。賛否両論の立場を公平に説明するのは良いと思いますが、高度に政治的な問題に関して英会話学習と関連付けて自らの意見である一方の立場に洗脳するのはやめて頂きたい思います。

Reply
Okuno Hisashi

これはEQ英会話公式ブログですね。国民的議論が分かれるイデオロギー論争の場ではありません。管理人はこの記事すべて削除していただくことを求めます。

Reply
Okuno Hisashi

私も最近、あなたの著書『EQ英会話』の広告を見て購入しましたが、P. 16に出ているEQは100点でした。「海外で外国人と対等に付き合う」ことと「靖国参拝」とはThere is no relationship.

Reply
Okuno Hisashi

そもそも、この「EQ英会話公式ブログ」の趣旨は一体何なんですか?日本国民に対する政治的偏向教育が目的ですか?回答がないなら、その通りだと見なします。

Reply
Okuno Hisashi

やはりそうなんですね。それなら以前に私が書いた「この記事の削除を求める」というのは撤回しますが、ブログのタイトルを変更して、政治問題について議論する趣旨にされてはどうでしょうか?

Reply
seiya yamaguchi

 本城氏は、日本精神を大切にされていると感じているので、
メールさせていただきます。(初メールです)
 新渡戸稲造博士の遺徳を讃え、博士の愛用品や新渡戸家伝来の甲冑などを
展示した「十和田市立新渡戸記念館」が廃館の危機にあります。
 十和田市長の小山田久氏が突然、「新渡戸記念館の耐震性に問題がある」
と言い出したことに始まるこの問題は、建築の専門家からその「耐震診断」に
ついて疑問を提示されています。(設計書なしでの耐震診断だった)
「補強は可能で、設計図面を用いて 再診断を行って検討するのが適切」
という意見や、「建物は、近代建築の大家東大名誉教授・ 生田勉氏の建築作品であり、地域資源 としても貴重。 保存活用について考えてほしい」
との声が寄せられ、さらには、市議会から継続的展示に関する
賛成決議が全会一致でなされたにも関わらず、
市長は応じず、廃館を断行する姿勢だったことから
資料の所有者である新渡戸家は、記念館の廃館・取り壊し決定に対する差し止めと、設計図書に基づいた耐震診断の再調査を求めて、
やむを得ず青森地裁に提訴しました。
1.ぜひこの情報の拡散にご協力をお願いします。
2.新渡戸記念館の廃館・取り壊し撤回を求める
 署名活動もまだ継続しています。ぜひご協力ください。
http://editor-ex.jp/Lbk44019/64331

Reply
kunito yamashita

昨日は春分の日でした。今日はその振替休日。
そもそも、この国の首相の靖國神社への参拝に
いつも通り反対をする国は中共と韓国、たまに
米国と北朝鮮の4国です。
大東亜戦争当時は朝鮮は日本国でしたし、
朝鮮民族も大日本帝国軍人でした。
勿論靖國神社に祀られています。
当時の中国大陸はというと大勢は蒋介石の国民党と
毛沢東の八路軍が内戦を繰り広げており無政府状態に近かったのです。
主に日本軍と戦闘したのは国民党軍で日本軍は蒋介石を重慶に追っ払い、
南京政府を保護し無政府状態を脱しようとしたのです。
八路軍即ち共産軍は国民党軍と日本軍とゲリラ戦を繰り広げていたのです。
日本の敗戦後、内戦に勝った共産党が中国大陸を支配したのです。
従って現在の中華人民共和国の建国は1949年であり、その後チベット、
ウイグル他を侵略、覇権国になりつつあります。
この事実からも分かるように日本は朝鮮人とは戦争はしていませんし、
中国大陸では主に蒋介石の国民党軍と戦闘したのです。
1941年12月8日の開戦の詔勅にあるように日本の戦争相手は米国と英国。
まさに鬼畜米英でした。米国は連合国を代表する立場で東京裁判の判決から
戦犯を祀る靖國神社への参拝には腰が引けて当然。
北朝鮮は論外。まともな国ではないです。
他のアジアの国々はどの国も反対はしていません。
いまだに自国政府を正統化し、反日教育を続ける国の内政干渉には
「相手にせず」でいいとおもいます。
日本では人の為、国の為に亡くなった人は神として神社に祀られています。
そんな日本を怖いと思う国もあるのですよ。

Reply
kunito yamashita

言うまでもなく蒋介石の国民党は中国内戦に敗れ
台湾に逃れ、中華民国をつくります。
戦勝国である連合国の中国代表は中華民国です。
日本は中華人民共和国に敗戦した訳ではないので、
中華人民共和国の対日戦勝70周年とは
トンデモナイ嘘っぱちです。
ちなみに国際連合の5常任理事国の中国代表は
中華民国でしたが、ニクソン大統領の訪中により、
中華人民共和国にかわりました。台湾は自国領と
強弁したのです。ニクソンの罪は大きい……
いや、騙されたのです。
M.ピルズベリー著「China 2049」(日経BP社・2160円)
に詳しくかかれています。

Reply
コスコス

色々な コメントを読んで思うこと、昔から勝てば官軍負ければ賊軍で或る、此の事は世界共通ではないでしょうか、負け戦をした政府、行政、軍部の責任なのではではないでしょうか、しかし未だかって戦後の政府、官僚からは責任は誰に、何処に如何してと言う議論すら成されていない気がする、何がダメで何が悪くて負け戦をしてしまったのか、敵を知り(世界を知り)己を知って百戦危うからずではないのか?また東京裁判をとやかく言うのは所詮負け犬の遠吠え見苦しいだけ、戦犯が無罪と言うなら誰が戦犯なのか日本人の中から名前を挙げて出してください、その事がなければ、東京裁判をとやかく言うな、見苦しい、それより次の戦に備える事、同じ過ちを繰り返さないことだと思う。

Reply
satoru takahashi

靖国神社のが祀られているのは尊い命を国のためにささげた人たち。 
永久戦犯の方は東京裁判で戦勝国サイドの一方的な裁かれ方をされた。
太平洋戦争の戦犯は広島長崎の原爆投下・東京大阪等々大都市への一般市民への無差別殺戮を指示したルーズベルト大統領及びトルーマン大統領。

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
©2017 EQ英会話公式ブログ - ダイレクト出版. All Rights Reserved.
「ダイレクト出版」「Direct Publishing」は、ダイレクト出版株式会社の登録商標です。