[第11回 :EQ英会話 Pod cast]集団的自衛権でわかる平和な国々の方針




今、話題の集団的自衛権について。。

世界はどんな状況なのでしょうか?
外に目を向けることで
見えてくるモノもあるかもしれませんね。


– Axel


この記事にコメントする

玉泉典子

EQ英会話のマガジンでこのコメントには少しながら驚きました。全く関係ない分野なので・・・
私は戦後生まれで回りからから戦争体験をイヤというほど聞かされた環境で育ちました。
現在の子供や孫たちは、私たちが経験がないせいかそれほど戦争からもたらされる不幸な環境に関してあまり興味もなく知らないのが現実です…本当の戦争・・・
今は、テロ・自爆・IS集団これは国と国の利権が絡んだ本来の戦争なのでしょうか?
私はいつも解いています・・・第2国目の核の犠牲国が出ませんようにと・・・
そのアメリカと仲良ししなくてはもう自国を守れないのは百も承知です。
私は当たり前だと思います。基地もあるし現状をもっと見なければ・・・基地をなくすことなどできないのですよ!それこそ隣のばか国が喜ぶでしょう・・・
子供のころ、東京出身ですからどれだけ進駐軍の方たちがチーズ・チョコレート・ガム・・・
それはそれは町内で配ってくれたものです。
だからと言って、アメリカのハワイのつぎの州にはなりたくありませんね!属国にも!
お話の中の、自国を守るについて少し考えが違います。
ドイツのようにしても、死者は出ていますよ!
小切手・手形外交で行きましょう・・・ずるいようですが、お金です。
今まで阿部さんの前までやっていたように・・・海外から言われたくらいいいじゃないの
それで子供や孫を守れるなら安いものですよ!日本は小さい国それを忘れなければいいの!
大きくしたくて、他国を取ろうなんて恥を知ってほしいものだわ先祖さん!日本は、3番手4番手・・・でいいのですよ!中国は大きいのだから、丸めておだて上手にいけば喜ぶの!
憲法九条は宝です。これがなかったら日本は裸の王様でしょうよ!アメリカもこんなの作って失敗したね!この英会話を通して、若者を刺激しないようにね!先生・・・

Reply
Sunawa,

自国を守る。アメリカに守ってもらう。本土の方々は、沖縄に基地が集中してる事で、自国が守られていることに、どうおもいますか? その為に多額のお金が、国民の税金が毎年沖縄に投入されて、基地地主を喜ばせてしまい、挙げ句の果ては、その地主の子々孫々まで、ただ同然に金が入る仕組みをどう感じますか? それでも、沖縄の半数の人々は、基地はいらないって吠えてるのに、本土の方々は、知らんぷり。私は、どっちも嫌です。沖縄県民が、そこまで基地反対なら、独立して日本政府に頼らず、沖縄自身でやればいい!と思う。
それなら、国民の税金が他の事に使えて、自国を守る軍事費に使えるし、福祉に当てられるし、学費0も出来ると思うからです。もう、沖縄に、基地を置くのは止めて、中国みたいに、海上基地でも作って、国民を守った方がいいかと思っています。日本人は、アメリカ人の若い兵隊の苦しみが分からな過ぎる。
アメリカの貧乏の若者が、沖縄を守ってるって事知らないといけない。
他人は死んでもいい。自分は死にたくない。無責任と思う。誰だって戦争したくないです。侵略もされたくないし、してもいけない。現在ハワイのパールハーバーでは、中国人を守る為に、日本人とアメリカが戦ったなんて言ってるんです。そんな事、昔は無かったから、びっくり仰天! オバマ政権に変わってから随分アメリカも変わったし、中国も変わった。世の中変わるもんです。のんきなこと言っている場合じゃないなと私は思いました。

Reply
堀矢こすも

自国の安全と平和は自国民の権利であり、それは自らが守る(維持する)ことが義務である。
近隣諸国に徐々に蹂躙=侵食されても「遺憾であります」で済ます国は国家のテイをなしていない。
SENGOKU38(元海上保安職員)がリークしなかったら闇から闇の中国漁船もどきの船の体当たりにも、地方検察独自の判断でと、知らぬ存ぜずを決め込んだ当時の政権に至っては、論外である。国家のあるべき姿を国民みんなで考えたい。

Reply
東俊朗

全くその通りです。Noriのこの発言を大勢の「平和主義者」に聴かせたいです。

Reply
高田全康

EQ英会話番外の情報にいつも感謝です。今回の集団的自衛権の一件、NORI teacher のお話
ありがとうございました。戦後70年、今や宇宙では国際宇宙station に見る国際文化・科学技術交流の時代です。なのに南沙諸島の中国問題、過去において北方領土を取られた問題etcを前提にしたこの狭い地球上のもめごとに起因する仮想敵国(中国・北鮮・ロシア・IS・etc)への防御策と思えるこの一件は如何なものか?今や宇宙滞在中の油井さん、過去に活躍された宇宙飛行士の宇宙から見た地上の人間同士の軋轢は、どう見えるのでしょうか聞いてみたい。この美しい星の同じ地球人として、かつての恐竜生存時代の宇宙からの地球に飛んでくる隕石(彗星)の恐怖やいつ大規模噴火、地震が発生するか分からぬ自然災害をどう受け止めてゆくか、いざというときどう防御し、復興支援することに目を向ける話し合いこそ、今あらためてかつての冷戦時代の東西両陣営の国々が自国のエゴを捨てて武力を捨てて互いに信頼の話し合い、真の地球の平和究明を国連の場でもっともっと深めてほしい。EQ英会話教室の校則「人の悪口を言わない」を日本の国会でも国連でも実践して世界の平和構築のための真の命がけのconferenceをNORI teacherから発信をお願いしたい。小生はもう過去よりも未来を信じてゆきたく、目先の集団的自衛権の強硬は時の政権のエゴとして認められません。みんな同じ地球人なのにと・・・世界の国をつかさどる政治家の良心を切に陰ながら祈ります。一人の人の命は地球より重い。・・・誰かの言葉を今噛みしめています。

Reply
I,N.

一言お聞きしたいのですが、拉致された人々はどうでもいいし、今現在の自分さえ良ければ良いのだとお考えですか。世界中の飢えた人については?現在、紛争に苦しんでいる人々はどうなれば、良いのでしょうか?

Reply
荒木博志

日本は今まで平和憲法によって、戦争はしない国として、世界の平和に貢献してきました。
各国で活躍しているNGOなども、戦争はしない日本人だからこそ、比較的安全に活動できていました。
核軍縮においても核を持たない戦争をしない国だからこそ日本が指導的な役割を果たすことができます。

今、『集団的自衛権容認=アメリカと一緒に他国を攻めること』を国の方針とすれば、今までの平和国家として活動は無に帰します。
正式にアメリカの属国となった日本の意見を聞く国は減るでしょう。

各国で活動している日本人は戦争を行う国の国民として信頼は失墜し、生命の危険が高まります。
ISからテロの脅威は大幅に高まり、東京でテロが行われる可能性は現実のものとなります。

中国、ロシア、北朝鮮などは、正式に敵国と見なされることになり、領土紛争の話し合いによる解決や拉致問題の解決などは遠のいてしまいます。

貿易額でアメリカを越えている友好国中国を敵に回すのはあまりにも愚策です。
大国の中国やロシアと戦争になれば、どんなに日本とアメリカが協力しても勝てないでしょう。
アメリカは戦況が不利になれば、ベトナム戦争と同様撤退し切り捨てるでしょう。
そうなれば日本は中国やロシアの一部となるしょう。
日本の独立は戦争をしない平和国家だからこそ成り立っているのです。

アジア各国もいまだにアメリカべったりの日本にリーダーシップを認めるでしょうか?
また、侵略を企んでいると思うでしょう。
『存立危機事態で行う戦争』は、太平洋戦争を行った日本の大義名分と全く同じです。

日本は戦争をしない中立な平和国家として、世界平和や経済発展に貢献できるチャンスと使命を持っています。
しかし、今回の安保法案はそれを完全に放棄してしまうことになります。

Reply
chonbo cyun

平和国家と言っていて、満足しているのは単なる自己満足でだれも、他の国の人が思っているわけはないのです。マスコミに踊らされているだけでしょう。平和国家だから日本の言うことを聞くのではなく、あらゆるところで、能力を認めているから、それを吸収しようとして聞いているだけで、貴方の思っているように外国人は考えていません。外国に行ってそのような話をしたことがありますか?実力がなければ、外国では通用しません。平和な国にするために、自己防衛が必要です。シリアは自分で自分の国が守れないから今のような状態になっているのが、貴方はわからないのですか?平和は自分たちで守らなければ、勝ち取れないことをわかりませんか?きれいごとだけで世の中、特に外国では生活できないことがあなたはわかっていませんね。それが世界です。はっきり自分を主張することが、自己防衛になるのです。黙っておとなしくしていれば、平和は来ないのです。

Reply
Sunawa,

自国を守る。アメリカに守ってもらう。本土の方々は、沖縄に基地が集中してる事で、自国が守られていることに、どうおもいますか? その為に多額のお金が、国民の税金が毎年沖縄に投入されて、基地地主を喜ばせてしまい、挙げ句の果ては、その地主の子々孫々まで、ただ同然に金が入る仕組みをどう感じますか? それでも、沖縄の半数の人々は、基地はいらないって吠えてるのに、本土の方々は、知らんぷり。私は、どっちも嫌です。沖縄県民が、そこまで基地反対なら、独立して日本政府に頼らず、沖縄自身でやればいい!と思う。
それなら、国民の税金が他の事に使えて、自国を守る軍事費に使えるし、福祉に当てられるし、学費0も出来ると思うからです。もう、沖縄に、基地を置くのは止めて、中国みたいに、海上基地でも作って、国民を守った方がいいかと思っています。日本人は、アメリカ人の若い兵隊の苦しみが分からな過ぎる。
アメリカの貧乏の若者が、沖縄を守ってるって事知らないといけない。
他人は死んでもいい。自分は死にたくない。無責任と思う。誰だって戦争したくないです。侵略もされたくないし、してもいけない。現在ハワイのパールハーバーでは、中国人を守る為に、日本人とアメリカが戦ったなんて言ってるんです。そんな事、昔は無かったから、びっくり仰天! オバマ政権に変わってから随分アメリカも変わったし、中国も変わった。世の中変わるもんです。のんきなこと言っている場合じゃないなと私は思いました。

Reply
Yoshi

Norは集団自衛権、衆議院通過しました。賛成なんですか?飛んでも発奮ですよ。自国の国は自国で守るのは当然です。でも他国の戦争に巻き込まれて、いくらアメリカと話し合ったとても、相手国が銃弾を撃ち込んで来れば敵国とみなされますよ。銃を持つことは相手を殺すことで他の何でもありません。大国の言いなりになりたくなりませんね。日本国が相手国の顔色を見て判断するって許せません。日本はあまりにも平和に染まっています。危機感をもっと持つべきです。

Reply
樋口敬子

不思議に思うことがあります。日本は悲惨な原爆を体験した世界で唯一の国です.ある意味では貴重な財産を持っているのですからその財産を使って原爆の悲惨さ 戦争の悲惨さをモットモット発信して強く広げていけないものでしょうか と強く思います. 攻められる 守るなどいっている暇に原爆の実態を世界に発して特に近隣諸国には理解を示すべきだと思います. 何故武装しないのかを力から強く述べないのでしょう. アメリカに対してもはっきり戦争はしないことを堂々と宣言し世界での
また亜細亜での平和のリーダーシップをとれる立場にあると思います. 原爆体験があったからこそ
出来ることなのです. 宇宙に出掛ける時代集団自衛権だとか尖閣とか政治家の発想の低さに人材不足を感じて悲しくなります. 今の政治家は戦争体験が無いからでしょうか それとも男の本能が戦うのでしょうか 集団自衛権 賛成とか 反対とか の次元で無く発想の転換の話題が出てこないのがとても不思議です 英語の勉強の中でコメントできて感謝です

Reply
Morry

憲法9条をありがたがっている人がいるようですが、なんの役にも立っていません。9条があっても竹島は韓国に侵略されました。元々、GHQによってペナルティとして課されたようなものですから、9条のおかげで70年間戦争がなかったのではなく、駐留米軍と自衛隊のおかげで戦争がなかったんです。
いつの世でも弱い者がいじめられます。弱くてお金を持っているものは奪われます。
ちなみに、他国の戦争に巻き込まれるって心配されている方は、原文をお読みになった方が良いですよ。感情論だけで国防を語るのはやめましょう。
一部、日本語がおかしい方もいらっしゃるようですが、侵略したいお国の方なんでしょうね。本音は日本が法律に手足をがんじがらめにされている内に、ウイグル・チベットのように侵略したかったでしょうから、安倍政権が邪魔で邪魔で仕方がないのですよね。
国の将来を真剣に考えていれば、nori先生のように考えるのが至極真っ当だと思います。
nori先生!これからもよろしくお願いいたします!

Reply
ジェイン・エア

Morryさま
おっしゃる通り、この欄には日本人ではない人が数人おられますね。何度読み返しても意味が判然としません。日本語を上手に使っているようですが日本人の文章ではありません。この少ないコメント欄に数人おられますね。
Morryさんの意見には賛成です。

Reply
まるこぱぱ

ヒトラーの右腕だった高官が戦後の裁判でこんな趣旨の証言をしたそうです。
「国民は戦争を望まない。しかし決めるのは指導者で国民を引きずり込むのは実に簡単だ。外国に攻撃されつつあると云えばよい。それでも戦争に戦争に反対する者を愛国心がないと批判すればよい」。

本城さんの考え方これに近いですね。アメリカと約束してしまったから憲法違反でもしょうがないという考え方、大変ビックリしました。
普通の国とはどんな国なんででしょうか?
然し何故番外の政治論争を、本城さんの影響力を誇示したいためなのででしょうか。

Reply
山下

タイトルが集団的自衛権ですが、集団的自衛権についてお話しされていないですね。
理解されていないのか、抜け落ちたように話の中に出てこないです。
喧嘩を売らない平和主義者とのことですが、
喧嘩好きの兄貴についていって、喧嘩に参加させられるのが集団的自衛権の問題ではないでしょうか。
自国の防衛のためであれば、集団的自衛権である必要はないです。

Reply
matsuki minoru

私は、反対です。憲法違反であることは明らかだからです。安倍政府の説明も愚かです。政府の行為で人命を失うことは、国民が許さないこれが憲法です。平和憲法を掲げる日本は、世界の紛争を話し合いで解決することを提案すべきです。特に今までアメリカが間違ってやってきた戦争に無条件で支持してきた自民党に集団的自衛権を委ねるなど恐ろしいと私は思います。

Reply
F-NAK

そして、今の日本国憲法を作ったのは、その戦争大好きな米国(GHQ)です。
そして、その憲法、および日米安保条約があるために米国に逆らえないのは今の日本です。
・・・それから自衛権というのは武力攻撃をうけたときに防衛を行う国際法上の権利のことです。紛争解決の手段ではないですよ。
国際法上の権利も行使できずに米国の言いなりの状態を維持した国が、話し合いでの紛争解決を提案?そんな八方美人な国には誰も耳を貸さないでしょう。

Reply
Sunawa,

自国を守る。アメリカに守ってもらう。本土の方々は、沖縄に基地が集中してる事で、自国が守られていることに、どうおもいますか? その為に多額のお金が、国民の税金が毎年沖縄に投入されて、基地地主を喜ばせてしまい、挙げ句の果ては、その地主の子々孫々まで、ただ同然に金が入る仕組みをどう感じますか? それでも、沖縄の半数の人々は、基地はいらないって吠えてるのに、本土の方々は、知らんぷり。私は、どっちも嫌です。沖縄県民が、そこまで基地反対なら、独立して日本政府に頼らず、沖縄自身でやればいい!と思う。
それなら、国民の税金が他の事に使えて、自国を守る軍事費に使えるし、福祉に当てられるし、学費0も出来ると思うからです。もう、沖縄に、基地を置くのは止めて、中国みたいに、海上基地でも作って、国民を守った方がいいかと思っています。日本人は、アメリカ人の若い兵隊の苦しみが分からな過ぎる。
アメリカの貧乏の若者が、沖縄を守ってるって事知らないといけない。
他人は死んでもいい。自分は死にたくない。無責任と思う。誰だって戦争したくないです。侵略もされたくないし、してもいけない。現在ハワイのパールハーバーでは、中国人を守る為に、日本人とアメリカが戦ったなんて言ってるんです。そんな事、昔は無かったから、びっくり仰天! オバマ政権に変わってから随分アメリカも変わったし、中国も変わった。世の中変わるもんです。のんきなこと言っている場合じゃないなと私は思いました。
他国に行かないと全く見えないことだらけです。NGOが頑張っていますが、
有難く思っているのは、「金だけ」!って言っていいくらい、情けない現状も知って欲しい。日本人の気持ちが通じるなら、苦しくないです。勿論感謝してる人もいますが。金、金、金ですよ! 日本人の顔みたら、金くれるって言われた経験があります。40年も前にです。日本にだって本当に貧乏で困っている国民がいるっていうのに、他人どころじゃ無いって感じもする。拉致された方々は、本当に心が痛みます。北朝鮮をのさばらせていけない。核があるから強気じゃないの。日本人は、外交だけで、事がすむと思っているのか? 本当に。だったら、そう思う人がやればいい。出来るなら。

Reply
Suzuki R

盲目的に、今日の平和が恒久的かつ無条件に維持されていくと考えるファンタジスタが、我が国には何故こんなにも多いのか。
明治の開国から大東亜戦争を経て現在に至るまでの歴史を直視せず、嘘八百のテレビ番組内で知り得た断片的な情報や、同じく嘘で固められた新聞から都合の良い情報だけを抽出し、いっぱしに「〜〜反対!」と騒ぐ。
様々なソース(右寄り・左寄り問わず)を、冷静かつ客観的に分析し、真実をあぶり出した上で、本来、個々の考えを確立すべき。

今すぐそこにある危機は、映画の中の話と考え、WGIPという言葉も知らず、また、かの隣国が、今アジアにおいて何をしようとしているか、本当はよくわかってもいない状況で、よくもまぁ、平和ボケを決め込めますね。誰も戦争なんてしたくありません。冗談じゃないです。
軍事力は外交三要素の内のひとつなんです。とても重要です。
会話だけでこと足りるなら、そもそも過去に戦争なんて起きていないでしょ。
もう少し皆さん、冷静に何が起きているのか考えましょう。
利権・情報操作・ロビー活動・プロパガンダ・世界情勢、複合的かつ多角的に俯瞰して世の中を見つめる必要があるかと。

Reply
suzuki daichi

集団的自衛権は必要だという御意見に賛成です。ロシアや中国から日本を守るには日本単独では限界があります。少なくとも複数方面の戦線形成は無理だという歴史的教訓があります。平和を謳えば侵略されないと言う人がいますが、チベット、ウイグルを見てもまず通用しないという前例があるうえ、中国国内では共産党による対日宣戦布告しても当然の権利だといわんばかりのプロパガンダが教育されています。宇宙云々の話は詭弁で、人間の有史以来続けていた性が宇宙云々で治ることはありません。

Reply
安田 清志

ほぼNORIの見解に賛成。
自国の安全はタダでは得られない。
守って貰っている以上、それなりの協力なくしては成り立たない。

Reply
ジェイン・エア

2012年7月長崎県五島列島福江の漁港に、台風を避けるためという名目で106隻もの中国船が大挙して押し寄せたことは記憶しておられるでしょうか。全部が同じ仕様の新しい船で船団を組み非常に整然と入港しました。湾全体に五星紅旗をなびかせ、われわれは驚きと恐怖を感じたのです。町の人口は1800人、警察官は一人。それに対し中国船乗組員は約3000人。海上保安庁の船が2隻随伴しました。彼らは一週間居座り停泊中に船底の掃除をしたのです。後に貝毒のため牡蠣が食べられませんでした。地図でおわかりのように五島列島も対馬同様国境の島です。今回は台風という名目で入港しましたがにわかに信じられますか。今や台風の進路などずいぶんと早い段階から予測可能です。中国船が船団を組み非常にスムーズに進入し整然と停泊したことは、彼らが非常に訓練された船団であり、日本の国境海域の状況を熟知しているということです。生きた心地はしませんでした。毎日のように中国船が尖閣諸島や日本の領海や接続水域を侵犯しているのに現行法では取り締まることができない。船に体当たりされて火炎瓶を投げつけられても、海上保安庁の船は放水をするしかできないのです。これはどう考えてもおかしくないですか。五島の港からそのまま中国船が武装し侵入したとしても現行の自衛隊法でも取り締まることができないのです。この現実をもう少し真剣に考えてみませんか。チベットやウイグル自治区の出来事は遠いよそ事ですか。また、本城先生に対し暗に英語だけ教えていればいいというご意見はなんと思い上がった失礼な考えでしょう。今の時代に生きているものとして、世の中の動きにきちんと意見を述べることこそ大事なことではないですか。
 一週間後に中国の船団は五島の港を離れました。五島列島は容易に侵入し制圧できる場所であることが報告されたことでしょう。自国を護れずして何が国家でしょうか。

Reply
F-NAK

集団的自衛権について反対する理由は私もありません。よく議論する必要はありますが、国会前まどでデモをしているような人からまともな意見を聞いたことがありません。
とはいえ賛成派もよくわかってないんじゃないか、という部分もあります。

1.なぜ「集団的」自衛権についてしか語らないのか?
「集団=国民」と思っている人多くないですかね?「集団的」とは多国間の共同のことです。つまり、日本は個別的自衛権につても話さないといけません。
言葉を選ばずに言えば、米国が戦争をしたがらなくなっている現在、「米国の戦争に巻き込まれる」論も「日米安保強化」論も的を外しています。

2.武力行使の条件についてなぜ議論しないのか?
集団的自衛権の武力行使の条件は、武力攻撃を受けたときのみです。領海侵犯の漁船などに武力は使えません。
とはいえ、現行の憲法でも実は漁船に対して武力は使えます(正確には使える可能性があります)。日本は「紛争の解決」における武力行使を放棄しているにすぎません。領海侵犯の漁船や小笠原諸島のサンゴを荒らした漁船は、ただの犯罪者です。犯罪の鎮圧に武力は使えます。
この辺りは、自衛権の話ではなく武力行使の条件に関する「憲法解釈」の話です。この解釈が変わらない限り、集団的自衛権を取り戻しても領土は守れないでしょう。

Reply
aattin

同じく賛成派ですが、多くの方が論点を外していると感じています。
不毛な議論でドンパチしてる様が、見ていて悲しくなります。
集団的自衛権が憲法に違反しているという指摘は正しいです。
ですがそれを言うなら、個別的自衛権ですら違憲です。
自衛隊の存在も違憲、国連も違憲、日米安保も違憲。
これら全てが憲法解釈という名の下に綱渡り状態で存在しているのが現状です。
これら現状を認めた上で「では、『集団的自衛権』をどう考えるか?」という話をしないと議論にすらなりません。
今回はたまたま中国などの具体的な脅威が顕在化し必要に迫られた形ですが、「迫られたから考えよう」というスタンスでは緊急の有事には対応できません。
対応できるのはPKOのような時限法くらいです。
また、集団的自衛権の相方(仲間)は一国はありません。
「他国の戦争に巻き込まれる」という懸念は、相方を米国に限定してしまうから生まれるのです。
日本は主権国家なので断る権利も存在します。
国民がNOという限り戦争にはなりません。
政治に民意が反映されてないことを危惧するなら、政治に感心を持ちましょう。
選挙に行きましょう。
国民一人一人の意識が高くなれば政治家のレベルも上がります。

Reply
jin

ノリさんの意見に賛成です。例えば中国は、国民が国の政治に口出しできないので主権国家ではありません。中国共産党にまつわる人間たちが、中国国民の富を貪っている状態ですので、利益重視で様々な外交をしてきます。だから信用はできません。
アメリカはもっとボディーブローのような方法(条約等)で、日本の主権を脅かしている国です。だからやはり信頼はできません。(例)戦後の日本への小麦輸出や米の輸入割当→今や日本の穀物自給率は28%(アメリカやイギリスは100%)  最近だとTTPにおいて、アメリカの自動車が売れないのは日本の販売網に問題があるからそれを調査して報告しろだとか、日本の会社の買収防衛策について、その規制改革をする際は、外国投資家等から意見を求めること(そんなことしたら日本の企業が外国投資家から買収されやすくなるだろう!)などと言っているのです。日本が戦争をしない平和で自立した国家をを目指すためには、事実の一部しか報道しないマスコミの情報を鵜呑みにして、「何もしなければ 平和に暮らせる」と思っていてはいけないと思います。世界はもっと厳しいので、その中で、平和主義者だが何かされたらただでは済まさないぞという態度は必要だと思います。
 また、自衛隊に配備される様々な装備も自国で生産できるようにしていかなければならないと思います。この内需が増えるだけでも国民の生活はかなり豊かになります。

Reply
Ted Hayakawa

アメリカの核に何十年も守ってもらっている間に、平和は当たり前、タダで手に入るという平和ボケした世代が増えてしまったということでしょう。いつ侵略されるかわからない陸続きの国に住んでいたなら、いつも危機感を抱いて生活するでしょうから、自国防衛意識も維持出来ると思いますが・・・憲法9条があったから70年間戦争と無縁でいられた???本気でこんなことを考えている人は何か起こったら真っ先に大切な人などほっといて逃げてしまうでしょう。戦争をしないために、大切な人を守るために、国家としての意義を明確にするために今何が最善なのかを考えたら、答えは明確だと思うのですが・・・ただ湾岸戦争のようにアメリカの一方的な正義に踊らされて他国に戦争に行くのだけは避けたいですね。アメリカに“NO”が言える国でありたいです。

Reply
kunito yamashita

Nori さんーと言ってもお会いしたことはありませんが、
各人がそれぞれの考えを持っているのはすばらしいことです。
政治的な課題については賛否両論あるのが当たり前です。
戦争は政治の最終的な決着を着ける方法として認められています。
そのためには最後通牒ー宣戦布告と手続きがいります。
日本の現状は如何でしょうか? 憲法は世界一!でも覇権主義の隣国は?
世界情勢は複雑怪奇!戦前の日本の政府も難題を抱えていました。
現在も同じ情況ではないですか。今は戦争はできないのです。
世界の実態が伝わらない日本にいて平和平和ととなえていても何も解決しませんネ。
集団的自衛権、結構ではないですか。
「100年兵を養うは戦わずに勝つため」です。
孫子の兵法も上の上策は干戈を交えずに勝利することです。
日本も戦さにならないような準備が大切ですネ。

Reply
保坂 武志

意見に賛成です。戦争法案などと、どこかの国の回し者のようなプロパガンダを喧伝している人達は自国だけが平和であれば良いと思っているのでしょうか。だからといって、私は戦争を肯定しているのではなく、戦争はどんなことがあってもしてはならないと思っています。過去において、日本が太平洋戦争に突き進んだことは、明らかに間違いであり、戦争を避ける機会はあったと考えています。そこで、私が読んだ本のなかで、「アメリカの鏡・日本 (ヘレン・ミアーズ著 著者は1946年にGHQの諮問機関のメンバーとして来日。発行時は日本での発行を禁じられた。)」と「ルーズベルトの開戦責任 (ハミルトン・フィッシュ著 著者はルーズベルトの政治、経済施策に反対していたが、対日参戦のルーズベルト演説に同調する議会演説を行うも後に参戦は策略であったとして批判する。)」を紹介します。 戦争をしないための抑止力は軍備を増強し永世中立国になるか一国だけの防衛力では難しい場合は集団での自衛力を持つか、集団での永世中立を目指すかだと思います。それでも人間の悪しき欲望がある限り絶対安全、平和とは言えないでしょう。全世界が平和になり、戦争がない世の中にすることがいかに難しい事かと、しかしそうならなければ人類は破滅に向かうことになると思います。

Reply
T.Sato

賛成派です。
前総理の時代までの金で解決という方法は、現在では破綻していると思います。中国の数千発の弾道ミサイルや巡行ミサイルの射程内に日本は入ったという状況であるからです。そして、これを防ぐ手段は技術的にもコスト的にも存在しません。
平和を守る方法は、攻撃された場合の報復力を維持することです。合理的な思考をする指導者ならば、共に破滅する選択はしないであろうから、攻撃を抑止できる訳です。この報復力は、現在では、横須賀を母港とする米原子力潜水艦に核ミサイルが搭載されていると信じられていることであると思います。

Reply
BBVOX

日本国憲法は、70年も前に、アメリカによって制定された憲法です。今、現在、終戦時と世界の状況は、全く異なっていることは、皆さんご存知の通りです。日本は、70年間も、この平和憲法を逸脱せず守り抜いてきました、これは、世界的にも例がない、素晴らしいことと思います。しかし、前述の通り、世界情勢は、未だに戦争を繰り返している国々が沢山あります(その国の国内紛争を含め)、そして、再び戦争が起きる危険性が増大しているのです。自分は、第2次世界大戦終結以降、もう戦争は起きないと思っていました。でも、その気持ちを裏切らる戦争行為が続いていることに、残念で、悲しくなります。人間とは、何処まで愚かなのでしょうか?
ロシアによる、ウクライナ、クリミアの武力制圧による侵略、国連常任理事国の中国独裁帝国政府による、チベット、モンゴル、東、南シナ海の侵略など挙げれば切りがありません。日本は、いつまでも、アメリカによる保護を受けられるなどと思っている日本人は、このような世界情勢を理解できていないか、若しくは、全く我、関せずと考えている平和ボケした人達でしょう!日本自体が、自国を自分たちで守ることを決意しなければならないのです。自衛隊員、アメリカ軍の兵士、どちらにも、大切な家族、親族がいます。
仮に、日本が中国から侵略戦争を起こされた場合、日本が、独自に、自国を守る行動をしなければ、アメリカは、日本を援護しません。当然のことです、逆に考えて、日本がアメリカの立場だったら、アメリカを援護しますか?
有り得ませんよね。だからこそ、集団的自衛権は、絶対に必要なのです。
阿部総理大臣は、日本を国民を守る決意のもとに行動している素晴らしい方です。他の政党は、反対することしか出来ないですよね。集団的自衛権よりもっと素晴らしく、アメリカを含め日本の同盟国が納得できる法案や提案など全く主張出来ていません。無いに等しいのです。共産党はただ単に、戦争法案と決めつけて反対する事しか出来ないのです。今の日本には、集団的自衛権は絶対に必要です。出来ないようでは、大和民族の魂が存在していないです。

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
©2017 EQ英会話公式ブログ - ダイレクト出版. All Rights Reserved.
「ダイレクト出版」「Direct Publishing」は、ダイレクト出版株式会社の登録商標です。