こんなものがあります。

先週、配信した
「インターネットと英語」

具体的にどんなサイトがあるのか?

という質問があったので、
僕が日常的に使っているサイトを
ご紹介したいと思います。

=================
使えるサイト
=================

まずは、

1,weblio
http://ejje.weblio.jp/

これは、超便利です。

もう英和辞典はいらないですね。

単語を調べた後に、
その単語をネイティブの音声で聴くことが
できるので、
ダブルにお得です。

2,longman
http://www.ldoceonline.com/

これは、英英辞典です。

ちょっと英語に慣れてきたら、
ぜひ、英和を卒業して、英英辞典を
使って欲しいですね。

これに慣れれば、
英語の感覚がぐっと身につくと思います。

3,アルク~やさしい英語でニュースを読む~
http://www.alc.co.jp/eng/newsbiz/headline/

英語教材界の大御所ですよね。

文章も短く、馴染みのあるトピックなので、
比較的カンタンに読めると思います。

4,TED
http://www.ted.com/

著名人のスピーチサイトです。

各業界でスゴイ実績を出した人の
スピーチを聴くことができます。

英語の勉強だけでなく、
超一流の思考法や業界の最新状況などを
知ることができます。

字幕も付けられますよ。

5,google

もう、誰もがご存知のグーグルですが、

あとは、

「*******みたいな、英語学習のサイトが欲しい」

と思ったらの、その条件を検索してみてください。

大体見つかります。

例えば、、

・格安で(5万円以下)語学留学できる方法
・日本にいながら、英語が上達する方法
・TOEIC 250点の人の英語勉強法

とかとか、、

今は、適当に入れてみましたが、
条件の精度が上がってくると、
自分にピッタリのサイトが見つかるはずです。

あと、結構、
個人の体験談みたいなモノをシェアしてくれている
ブログとかもあるので、
なかなか参考になると思いますよ。

ぜひ、インターネット世代の利点を
最大限活用してみてください。

ーAxel

P.S.

もちろん、こちらも、
リスニング力を高めたい日本人に
オススメです。

http://www.honjo-e.com/HDT/ 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
©2018 EQ英会話公式ブログ - ダイレクト出版. All Rights Reserved.
「ダイレクト出版」「Direct Publishing」は、ダイレクト出版株式会社の登録商標です。